日焼けしてしまった時のケア

若い頃は日焼けしても特にスキンケアしなくても1カ月もたてば 綺麗なお肌に戻っていたはずですね。しかしながら25歳を過ぎた頃からは お肌のダメージを受けてきてシミになってきたりします。

夏になると女性は日傘を使う人が多くなるし無理をして長袖を着たり 帽子を被ったりと紫外線対策に余念がありません。
そういった対策をしていても、まったく日焼けしないというのは現実的には 難しいでしょう。ここでは日焼けが原因でできてしまったシミのケア方法に ついてお話をいたします。

紫外線に長い時間さらされていると日焼けをしてしまいます。 ポツポツとできてしまったシミを消すことは簡単にはいかないのです。 日差しが弱いからとか、曇っているからといっても紫外線を浴びて いないことはありません。

極力、日焼け止めクリームを塗って直射日光を浴びるのを避けてお肌を 守ることが何よりも大事です。日焼けしてしまってできたシミケアには 入浴する場合にも注意を払いましょう。 日焼け止めクリームを落とさずに塗ったまま入浴してしまうと、 お肌に大きな負担をかけます。体を洗う場合は、ゴシゴシと擦るのではなくて、 たっぷりの泡を使って優しく洗いましょう。

撫でる程度の洗い方で充分に汚れは落ちます。 日焼けしてダメージを受けた肌はヒリヒリとしていますので強い力で洗う のはとても危険です。100円ショップでも販売されているネットを使うと 簡単に泡立ちますのでお試しください。 入浴して日焼け止めクリームを綺麗に落とすことができたら次はたっぷりと 水分補給をしてあげましょう。美容液や化粧水を使ってパックをするのです。 日焼けをしてしまった箇所はコットンを置いたりして充分に水分を上げると 良いでしょう。

日焼けによってできたシミやソバカスをケアするのは、一過性のものでは なくて毎日のケアが大切です。 美白の兼ねてスキンケアだけは手を抜かずにしっかりしていきましょう。

以上、日焼けが原因でできてしまったシミのケア方法についてお話を いたしました。年齢を重ねていくにつれて、シミやしわやソバカスはどんどん 目立ってくるようになります。 日焼けでできてしまったシミは後々になって出てきますから若い年代からの スキンケアがモノを言います。

ページの先頭へ