シミができないようにするための予防策

シミやソバカスができない若々しいお肌にすることができるならば 夏の日差しで悩む必要はなくなります。 紫外線をどれだけ浴びてもキチンとUVケアをしておけばOKです。 若いお肌ならば日焼けをして真っ黒になった場合でもメラニンが角質ごと ポロリと取れてくれるから、怯えることもなくなります。

ここでは、シミやソバカスができないようにするための予防策を説明しましょう。 実際にシミやソバカスができにくい若いお肌にすることは可能なのでしょうか? 残念ながら、完全に若いお肌にすることはできませんが、若いお肌が持って いる長所を部分的に取り戻すことは可能なのです。

有効な方法を3つご紹介いたします。 一番目は、お肌の保湿に注意をすることです。 若いお肌と年老いたお肌が決定的に違うのは、皮膚のみずみずしさにあります。 お肌に水気がタップリとあれば見た目も違いますが何といっても光を通しに くくなります。

保湿するだけでも、シミやソバカスができにくいお肌を作れるわけです。 保湿クリームや化粧品などを選び一年中お肌の保湿ケアをすることが大切です。

二番目は、お肌の新陳代謝を活発にさせることです。 若いお肌の場合は約28日で皮膚組織は全部新しい細胞と入れ替わります。 このターンオーバー機能のお陰で日焼けをしても、すぐに白いお肌に戻り 日焼け跡にシミやソバカスができることもありません。

この新陳代謝を促進するためには充分な睡眠時間を取ることと規則正しい 生活をすることは基本中の基本です。また、ビタミンCを摂取することも 効果がありますので豊富に含まれている乳液やプラセンタエキスが含まれた 化粧水でスキンケアしましょう。

こういったトリートメントはお肌の新陳代謝を刺激して活発化してくれる 作用があります。

三番目は、美白剤を中心にメラニン色素を抑制するものを取り入れましょう。 カミツレ油・コウジ酸・ハイドロキノン誘導体・エンドセリン誘導体…… など、美白剤にはいろいろな成分を含みます。 各成分は皮膚に働きかけてメラニン生成を抑えてくれ、シミやソバカスが できても、薄いままで徐々に回復してくれるのです。

以上、シミやソバカスができないようにするための予防策を説明しました。 水分補給をして保湿する、新陳代謝を促進する、メラニンをブロックする ――この3つの方法でシミやソバカスができにくい若々しいお肌を取り戻しましょう。

ページの先頭へ