シミができる根本的な原因は何なのか?

シミが目立ってくると一挙に老けたイメージになりますが誰もが若々しく いたいと願っています。ここでは、シミができる根本的な原因は何なのか? を探ってみようと思います。
シミを消す美白美容液、おすすめ人気ランキング!

シミができてしまう原因はメラニン色素が皮膚組織に沈着することですが、 なぜ沈着してしまうのでしょうか? 皮膚組織は毎日生まれかわっており約30日の周期で完全に新しい細胞と 入れ替わります。「約30日で入れ替わるならば、なぜメラニンの沈着が とれなくなるのか」という疑問が出てきます。

その答えはメラニン色素が沈着してしまった皮膚は、お肌組織の入れ替わりが スムーズに行われないからです。その最大の原因となっているのは紫外線を 浴びて皮膚組織がダメージを受けてしまうことです。

夏が過ぎて秋になって、ふと気がついたら小さなシミができていることが ないでしょうか? 紫外線のみならず女性特有のホルモンバランスが乱れたり、睡眠不足や過労が 原因になる肌荒れや化学物質による影響も考えられます。 そして、あまり考えたくないお肌の老化現象によって皮膚の組織が損傷して メラニンが沈着しやすくなるのです。

すべてにおいて、紫外線が絡んでいると考えて間違いないのです。 日焼けサロンには紫外線を照射する装置がありますが、メラニン色素を増やす UVAと呼ばれる紫外線を太陽光線の数倍の強さで照射します。 お肌が弱い人や体調が悪い人はシミになることは間違いありません。

紫外線を浴びてしまうと、お肌は大きなダメージを受けてしまい、 防御反応として黒いメラニン色素が作られます。 メラニンで皮膚を黒くすることによって体は紫外線を避けようとするのです。 皮膚は必死でメラニンを生成してUVケアをしてくれています。

日焼けして色が黒くなるのに時間がかかるのは、皮膚がメラニン生成をするの にある程度の時間が必要だからです。メラニンをしばらくずっと作り続けるからです。 美白剤は、メラニンを生成する働きを排除する成分を含んでいますから、 日焼け後に塗布することでメラニン生成を抑制しシミができるのを防いでくれます。

以上、シミができる根本的な原因は何なのか?を探ってみました。 このようなことからシミができないようにするには次の三つが基本対策になります。 一つ目は、紫外線を浴びないようにUVケアをすることで、二つ目は紫外線を 浴びた場合はメラニン生成を抑制する美白剤を使うことで、三つ目は睡眠や 栄養をたっぷりとって体調を整えることです。

ページの先頭へ