なぜシミはできるのでしょうか?その原因を探る

若い時は、気にもならなかったシミですが、ある朝に鏡を見てシミのある 顔に気づきショックを受けます。 ある程度の年齢になれば経験している人も多いと思います。 では、どうしてこういったシミができてしまうんでしょうか?

ここでは、なぜシミができるのかについて解説いたしましょう。 シミは皮膚のメラニン色素が沈着してできてしまいます。 シミと並んで語られることが多いソバカスもシミと同様にメラニン色素沈着 なのです。

お肌が紫外線を浴びると皮膚細胞が損傷してしまいます。 それを防ぐ目的で皮膚そのものがメラニン色素を作って防御しようとします。 皮膚を黒くすることで深い部分にまで紫外線を届かないようにするのです。

言ってみれば天然のUVケアをしているわけで、皮膚はとても優秀な働きを してくれています。日差しが強くなればなるほど黒くなってUVケアをする のですが日差しが弱まればUVケアの必要がなくなります。

夏が終わり秋に入ると皮膚の新陳代謝が良ければ綺麗な白い肌にもどりますが、 この<新陳代謝が良ければ>というのが大きなポイントになります。

皮膚にシミができてしまうのは、「お肌の新陳代謝が悪くなっているから」 と言われています。メラニン色素が沈着してしまったり、皮膚細胞が入れ替わり そこねてしまって、そのまま残ってしまうからシミにななるのです。

なぜ新陳代謝が悪くなるのでしょうか?
年齢的な要素が大きいですが、若い人でも徹夜をして体調が悪かったり、 深酒をしたりしてビタミン不足になったりした時に紫外線を浴びると最悪です。

もしも、そんな時に日焼けをした場合はキチンと処置をしておかなければなりません。 UVケアをしておき、それ以上日焼けをすることを回避して美白剤を使用して 皮膚の回復をしましょう。美白剤はいろいろな種類があります。

基本的にはメラニンを作りにくくする効果があるものが基本になります。 シミやソバカスができた場所で、それ以上メラニンを作らないことが大事で 自然にメラニンが皮膚から消えて綺麗になるのを待ちましょう。

少しでも早く綺麗になりたい場合は美容形成外科に相談してレーザー治療で 治療することもできます。

以上、なぜシミができるのかについて解説いたしました。
いずれにしても、毎日のUVケアは欠かせないということです。

ページの先頭へ